top of page

​歯周病について

歯周病は成人国民の8割以上が罹患しているとも言われています。痛みなく進行し気付いた時には歯がグラグラしており、歯を失う原因の1位になっているのは周知のことです。また、近年歯周病菌が歯茎の毛細血管より体内に進入し、いたるところで影響を及ぼし全身の健康に悪影響を与えていることが分かりつつあります。しばらく歯科医院を受診していなく、歯に歯石が付いていると歯石にどんどんプラーク(歯垢)が付着し負の連鎖に陥っていきます。​歯周病予防で大事なことは、正しいブラッシング方法で日々の歯磨きを行い歯茎の健康を保つことですが100%完璧に自分の歯を磨くことは我々専門家ですら不可能です。そのため定期的に歯科医院を受診し専門家にメインテナンスをしてもらう必要があります​。

上の写真は当院に来院された患者さんですが、所々歯茎は赤く腫れ黒っぽい歯石が付いています。

この状態で歯茎の検査をしたところ全体的にポケットから出血する状態でした。

​しかし、歯石除去やクリーニング、ブラッシング指導を徹底することで歯茎が大分改善しました。

歯石が付いていないのは勿論、歯茎の赤みも改善され引き締まっているのが分かると思います。

歯周病の治療に関しては歯科医院での専門的なクリーニングも勿論ですが、何より普段の家庭での歯ブラシが重要であり患者さんの努力も必要になってきます。

歯科医院でのクリーニングは1年間365日のうち数日しかできないからです。

そのため当院では患者さんに対して歯周病治療と並行してブラッシング指導に力を入れています​。

また、当院では歯周組織再生療法にも取り組んでおります。保険適応の薬剤、リグロスを用いた再生療法も行っているため気になる方はご相談ください。

bottom of page