top of page

30代女性 金属の詰め物の下の虫歯

こんにちは。

金属の詰め物の下で虫歯が進んでいた症例をコンポジットレジン(以下CRと略)で治療した日常の保険診療です。


金属の詰め物(インレー)は奥歯に虫歯に対し、かつて頻繁に行われてきた治療です。

しかし、デメリットとして

  • 型を採って作るので2回かかってしまう

  • 虫歯ではない健康な部分も削らなくてはいけない

  • 審美的な問題(見た目が金属色)

等の問題があります。


そのため当院では基本的に奥歯の虫歯に対してはCRを用いて治療しています。

CRのメリットは

  • 治療が1回で終わる

  • 歯を削る量は最小限

  • 金属アレルギーの可能性がない

  • 見た目が白色   等です

デメリットは

  • 経年的に着色する

  • 噛み合わせによっては欠ける可能性がある  等です。


将来的に歯をできるだけ残すためになるべく最小限の侵襲で治療を行うのが当院の基本的な考えです。


※CRでも精度や見た目、持ちによりこだわりたい方はダイレクトボンディングという治療法も行っております。


さて、先ほどの症例ですが、金属を外したところ虫歯が内部に広がっていたので除去します。



そして詰め終わった状態がこちらです。


虫歯治療は最初に誰が治療するかでその歯の将来的な予後が大きく変わります。


できるなら虫歯にならない様な生活習慣に行動を変容し、治療しなくてはならない虫歯になったとしても最小限の治療でその歯の寿命をなるべく永く残すことを日々心掛けています。






bottom of page