top of page

50代男性 差し歯が取れた

こんにちは。

詰め物や被せ物がある日いきなり取れたら見た目の問題や噛む力の問題等日常生活で困る場面が多々あると思います。

なおかつ基本的に詰め物等が外れる時は中で虫歯が広がっているなど内部に問題があることがほとんどです。


さて、右上の前歯の差し歯が取れたと来院された患者さんです。

過去に神経を抜いている歯で土台の内部で虫歯が広がっており、差し歯が取れてしまいました。

このケースでは虫歯を削り再度土台を立てて保険診療で被せ物を入れなおしました。


CAD/CAM冠という数年前に保険診療に加えられた被せ物を被せました。

CAD/CAM冠はコンピュータ上で歯の形を設計し、歯の色をしたブロックを機械が削ることで作る被せ物です。

保険診療で前歯に被せ物を被せる場合他の選択肢となると従来からある金属の上にプラスチックの樹脂を盛って作る被せ物(硬質レジン前装冠)がよく使われます。ちなみに差し歯が取れた歯の両隣の歯は硬質レジン前装冠が入ってます。


それぞれメリット・デメリットありますが、CAD/CAM冠の硬質レジン前装冠と比較したメリットは

  • 金属を使わないので金属アレルギーの心配がない

また、硬質レジン前装冠と比較したデメリットは

  • 噛み合わせや歯ぎしりが強い人には向かない

  • 物質の特性上、取れやすい 等です。


どのような被せ物にしてもメリット・デメリットは必ずあるのでどのような治療をおこなうかは担当医とよく相談されて決めると良いと思います。

Comentarios


bottom of page