top of page

50代女性 詰め物の中で虫歯が進んでいた一例

こんにちは。

定期検診希望で来院されたものの、金属の下に虫歯が見つかったため治療した患者さんです。

銀歯の下がうっすら黒くなっています。

銀歯を外すと以下のように内部で虫歯が進んでいました。


虫歯を除去し終わった状態です。


元々入っていた銀歯で修復するのであればこの段階で型を採る必要がありますが、今回は型を採らずに保険診療で直接コンポジットレジン(以下CRと略)という白い樹脂を詰めて修復することにしました。


CRのメリットは

  • 型を採る必要がないため1日で治療が終わる

  • 金属を使わないため、見た目が金属よりは良い

  • 金属を使わないため、将来的に金属アレルギーの心配がない

  • 歯を削る量が最小限で済む(型を採って詰め物を作るときは虫歯以外の部分も削る必要があります)

  • 患者さんの負担金額が少ない(金属の詰め物と比較して) 等があります。

逆にデメリットは

  • 経年的に変色する可能性がある

  • 噛み合わせによっては欠ける可能性がある。

  • 治療する人間の技術に大きく依存する(今回の様に歯と歯の接する面を含む治療をCRで行うのは技術が必要なので誰にでも出来るわけではありません) 等があります。

CRを詰めた後の状態です。


当院では虫歯治療をする時は基本的にメタルフリー(金属を使わない治療)を心がけています。

故に詰め物であれば基本的に型は採らずにCRでの修復を行っております。


ひと昔前であれば、力がかかる奥歯の噛む面の治療でCRを使うのは強度の面から疑問視されていた時代もありました。しかし現在ではCRの物性の向上も著しく、金属を用いた修復と比較しても硬さには劣りますが強度の面では問題ありません。


なお、今回は金属の下に虫歯があるという診断の元治療しているので、保険診療ですが虫歯でもないのに単に金属が嫌だから白いのに置き換えたいという場合は病気ではないため保険診療の適応範囲外です。

当院の場合、セラミックの詰め物あるいはダイレクトボンディング(自費のCR)で対応しております。

Comments


bottom of page