top of page

30代女性 詰め物の下で虫歯が進んでいた例

こんにちは。

過去にコンポジットレジン(以下CRと略)を詰めたもののその下で虫歯になったので治療しなおした患者さんです。

CR充填とは虫歯を削った部位に白い樹脂をその場で詰めて歯の形態を修復していく治療法です。


上の一番奥歯にCRとがされていますがCRと歯の境目の部分が黒くなっており、内部でも虫歯が進行していました。

虫歯を除去し再びCRで修復していくことにしました。

CRを充填し終わった後の状態がこちらです。


奥歯は食べ物をすり潰す役割があるため咬頭と呼ばれる山があり、下の歯の咬頭と噛み合うための溝があり3次元的に複雑な構造をしています。


虫歯を削ったところを埋めるという目的でのみCRを充填するのであれば術前の写真の様にのぺーっとした一塊で充填するのも間違いではありませんし実際その方が複雑な構造を再現しない分治療時間は短いです。実際その様にCRが充填されているのも多々見られます。

しかし前述の様に奥歯には食べ物をすり潰し消化しやすい形態にするという役割があり、一つ一つの歯にはいわゆるその歯らしい形、解剖学的構造というものがあります。


今回は上の一番奥歯なので他人からは基本的に見える位置ではないですが、上の歯であってもその様なことを考えて普段診療しています。

また、術前の治療でも今回の治療でも保険診療で患者さんの負担金額は同じです。

どうせ同じ金額を負担するのであれば見た目的にも機能的にも良い方が良いと考えております。


CRのメリットは一般的に

  • 1日で治療が終わる

  • 金属を使わないため金属アレルギーの心配がない

  • 歯を削る量は最小限で済む 等です

逆にデメリットは

  • 経年的に変色する可能性がある

  • 噛み合わせによっては欠ける可能性がある。

  • 治療する人間の技術に大きく依存する 等です

今回は上の奥歯の治療だったため患者さんも口を開けるのが大変だったと思いますが、頑張ってくれたおかげで良い治療ができたと思います。




Comments


bottom of page