top of page

30代男性 前歯にできた虫歯の治療

こんにちは。

今回は前歯に虫歯ができたため来院された患者さんの例です。


少しピントがずれていますが上の前歯の歯と歯茎の境目に虫歯が2本あり穴が開いているのが分ると思います。

さて、以前もどこかで触れたかもしれませんが虫歯はできやすい部位が3つあります。

  • 奥歯の噛む面の溝

  • 歯と歯の接する部位

  • 歯と歯茎の境目 の3つです。

今回はその一つである歯と歯茎の境目に虫歯ができた例です。


今回も保険診療でコンポジットレジン(以下CRと略)を充填し修復していくことにしました。

虫歯を除去し終えた状態です。


今回の様に歯と歯茎の境目を削って詰める場合、写真の様に歯茎に糸を入れて行います。

何故かというと、歯と歯茎の境界を明瞭にするためと誤って歯茎を傷つけないようにするためです。

おそらく糸を入れずにそのまま削りそのままCRを詰める先生も多いかと思います。

保険診療なら時間をかけず手間を省くために尚更糸を使わずに治療する先生も多いかもしれません。

しかし、結果として糸を使わずに詰めた場合歯とうまく適合しない状態でCRを詰め歯茎の上にCRが乗っかってしまったり予後不良になることが多いです。


CRを充填し終わった状態が以下の写真です。


一見簡単な様に見えるかもしれませんが、歯と歯茎の境目にCRを詰めるのはCRの中でも難易度が高い部位です。

前述の様に歯茎を傷付けない様に気を付けなければいけない点、歯茎の上にはCRを乗っけてはいけない点、色調を自然に合わせないといけない点等気を付けることはたくさんあります。


比較的自然な仕上がりにできたと思うので長持ちするようにメンテナンスも欠かさず行っていきたいと思います。

Commentaires


bottom of page